巫女(みこ)のバイト|秋〜冬に人気のバイトです。

アルバイトで巫女

女子なら一度はやってみたい!巫女のバイトを探していよう!
巫女(みこ)のアルバイト、お正月だけって思ってませんか?シーズンで神社の仕事などあります!

 

巫女さんの仕事を探すなら今がチャンスです!
お正月の初詣(はつもうで)の時期に大人気のなる「巫女」さんのお仕事、一度は憧れるアルバイトではないでしょうか?

 

でも、募集人数は少なめで競争は厳しいと言われています。
地域や神社にもよりますが、実は秋から冬のシーズンにも、巫女のバイト募集がネットに出回ることがあります。9月〜10月の結婚式シーズンや、11月の七五三の時期ですね。バイトを狙っているライバルが少なくて、意外と簡単に決まっちゃうかも?

 

そんな貴重な巫女バイトの情報を見逃さないためにも、今からネットで求人情報をチェック。シーズン前に募集がかかるとがありますよ。

 

※この時期に、神社や巫女のアルバイトを経験しておくと、今度はお正月にも優先的にバイトの紹介があるかもしれませんよね。未経験じゃないから仕事もスムーズに出来そうだし☆

 

 

結婚式で巫女のアルバイトを経験

私が経験をした中で最も時給の良かったアルバイトが、結婚式の巫女(みこ)のアルバイトでした。
同級生の子の親が結婚式の担当をしていたのがきっかけで声をかけてもらったのですが、時間は2時間程度なのに5000円頂けおいしい思いをしちゃいました。

 

神社で結婚式

 

まず、神前結婚式の準備をします。式の中で使う道具を用意して巫女の姿に着替えます。髪の毛はもちろん黒髪、マニキュアNG、アクセサリーも禁止と身なりは厳しかったですが、それ以外は比較的緩かったので特に不満はありませんでした。

 

式が始まると、三三九度や玉串、親族杯などのお手伝いをします。新郎新婦は緊張をしている方が多いので三三九度でつぐお酒がこぼれないように拝領したり、玉串の仕方を忘れてしまっている時はフォローをしながら緊張の時間を一緒に過ごした事を今でも覚えています。

 

式の後は後片付けをして終了です。結婚式の巫女のアルバイトの中で一番のポイントが、アルバイトをしている自分にとっては結婚式の一幕でも式をあげている新郎新婦には人生一度の晴れ舞台である
という事です。

 

もちろん写真やビデオを撮られているのでミスは許されません。それにやり直しもきかないので私がミスをおかしたらその式をあげている新郎新婦の晴れ舞台を傷つけてしまいます。なので、普通のアルバイトに比べて神経を使うのも事実です。

 

とはいえ、時間の拘束の割にもらえるお金が良かったのでおいしいバイトでした。女の子なら一度はあの白い衣裳を体験してみたいですし、巫女は人気が上がってるらしい。

 

とくに秋は結婚式シーズンなのでバイトの人数も増えるみたいです。巫女の経験を活かして、今度は年始の神社で御札を売ったりするバイトをやってみたいです。